Design by bossne
Template up date [2008-10-21]
http://dararyman.blog82.fc2.com/
DARARYMAN
だめリーマンが仕事中に全く仕事には関係ないことを書いてます
総アクセス数⇒
PROFILE
TITLEDARARYMAN
H Nボッスン
性 別
血液型限りなくO型だそうです
性 格細かいようで大雑把
趣 味薄く平たく時には固く
好 きオッパイ・蟹
このブログについて
エディタコミュニティ
since 20080301
管理者ページ
登場人物
RANKING
押すと「アッハ~ン」となるシステムです。
FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
TREview
ENTRYS & COMMENTS
TRACKBACK
ARCHIVE
CATEGORIES
LINK
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

BLOG PARTS

あわせて読みたいブログパーツ edita.jp【エディタ】
QR Code
QRコード
BLOG SEACH
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  --/--/-- スポンサー広告 コメント(-) TB(-) 記事No() ▲TOP
爪切り
先日、爪を切ったのです

身だしなみを整えようと、仕事中に切ったのです

身だしなみは大切

いくら仕事中だとて大切

いやいや、仕事中だからこそ大切

鼻毛チェックも大切

ボッスンは爪を切った後紙やすり?で磨くのです



特に中指は入念に磨きます

何時でも何処でも誰とでも使えるよう入念に磨くのです

これはみなさんと同じです

そういえば先日、マスオさん(サザエさんのアレです)もそう言ってました

今日はYes・No枕がYesだったからだと言ってました

ボッスンはそんな中指in右手を磨きたくった後に薬指in右手を磨きたくろうと思った

したらね、薬指in右手の爪が切れてなかったの

切れてないというか明らかに忘れられてたんです

普通親指から始まり小指で終わりますよね

最初は居酒屋から始まり最後はラーメンで〆るって感じですよね

でもね、薬指in右手って言ったらさ

いわば「スナック」じゃん

居酒屋で一次会をして二次会でカラオケ、三次会でスナック

これ「世の常」ですよね

おっさん的世の常ですよね

二次会まで行ったら帰れないよね

でも、そんな薬指in右手が切り忘れられているなんて・・・

ボッスンは大丈夫なのか?って自分で思った

いよいよ来たかなって

ちょっと切ない秋の日だった

 

スポンサーサイト
  2008/09/29 日記 コメント(6) TB(0) 記事No(115) ▲TOP
寝相
寝相

自分では見る事のできない闇の姿

ボッスンは自分で言うのもなんですが、寝相がいい

寝返りとかもあまりうたないという、非常に環境に優しい寝相なのです

でもムスメは違う

夜中に顔を強打されたこともしばしばあります

足で顔を蹴られたことも何度かあります

脇腹を蹴られるなんて日常茶飯事なのですよ

先日、夜中に目が覚めた時にそんなムスメの寝相を見たら



蟷螂拳(とうろうけん)?

アレでしょうか?

催眠学習的な何かなんでしょうか?

それとも夢遊病?

とにかくお父さんはサンドバックではないのです・・・

 

  2008/09/24 日記 コメント(11) TB(0) 記事No(114) ▲TOP
運動会
運動会の季節となった

先日の日曜日に子供らの学校も行われた

以前よりムスメなんかは踊りじゃくっていた

それほど子供にとっては一大イベントなのだ

子供の成長した姿が観れるので、ボッスンにとっても楽しみな日だ

そんな晴れやかな運動会当日は、朝から天気が思わしくなかったのです

なのでタープを持っていくべきかどうか迷った

持っていって広げたはいいが晴れてしまうとちょっと大げさな感じがするのだ

「あらら 張り切っちゃってますなぁ~」などとヒソヒソといわれちゃう気がする

それほどボッスンの持っているタープは大きいのです

ですが降ってこられたらそれは困る

雨の中、傘をさして観るのは無理がある

一応持っていくことにした

会場に着いた頃には小雨がチラついたりやんだりだったので

意を決してタープを広げました

設営も無事終わりムスメの「飛んだりくぐったりなんとかしたり」みたいな障害物競走が始まった

カメラを片手にトラックの脇から観戦

ムスメは一番手前のベストポジションにいます

ムスメは若干顔が大きいので目立ちます

いやいや、これから背が大きくなれば大丈夫だ

気にするなムスメよ

ムスメの番が回ってきました

やはり顔が重たいのか走りはあまり得意ではないようです

いやいや、今だけだからね きっと

その内体が大きくなれば大丈夫だから パパはいつでも味方だから

そんなムスメの勇姿



何ゆえジャンプする所で手を上げるのかは不明ですが、ジャンプと同時に万歳

ちょっとアラレちゃんチック

キィィィィィィン とか言ってそうです

「ムスメも成長したな」と思った

その後段々と雨が強くなってきました

ボッスン家族はタープのおかげで雨に濡れる事は免れました



しかし雷を伴った雨は止む気配なし

結局後半のなん種目かは延期となってしまいました

ムスコの勇姿が観れなかったのがショッキングゥです

木曜日に行うそうですが・・・ 有給取ろうかしら?

 

  2008/09/23 日記 コメント(2) TB(2) 記事No(113) ▲TOP
ハエ
今朝、出勤して間もなくの事である

「んん? ちょっと催してきたか?」

なんとなく「出る」気がするのでトイレに行った

これは余談だが、最近ちょっと便秘気味だったりする

ボッスンが便秘をするなんて非常に珍しい

快便快食快眠がとりえのボッスンだが、最近のお通じ事情はよろしくなかったのです

なので下腹が3割ほどデブった感じがして皆さんには見せれない状態だったのです

かといって便秘でなくても見せれる状態ではありません

そんな状態だったボッスンは踏ん張るべくトイレへ向かったのです

そうです まさしく 「戦場」へ向かったのです

そして準備を整えて「エイエイオー」と言わんばかりに踏ん張った

全神経を下半身へと集中させた

おそらく あの集中力は岩をも動かすほどのサイコキネキスであったろう

眼力も目からビームが出るほどの凄まじさだった

全宇宙メンチ対決で優勝できるほどだったと思う

そのかいあってか、爆音とともにお出になった

ほっと一息

ボッスンは窓を眺めた

その窓に何やらハエらしき虫がいた

しかも微動だにしない



なんだろうと思い近づいて見てみるとハエが絶命していた

その姿は神々しくも見えた



ラオウ再来

我の生き様を見よ!と言わんばかりだ

このハエは「漢」という文字がとっても似合ってる気がした

雄か雌かは分からないのだが・・・

そのままトイレを出て仕事をし、お昼を食べた後第2波がボッスンを襲う

慌てて駆け込み爆音

ハエのことを思い出し窓際を見てみると、なんとハエがいない

「あれ?生きてたのか?」

「ひょっとして・・・ 霊?」

などと考えていたら先ほどハエがいた手前の方に何やら黒い物があった

良く観てみると先ほどのハエがアリに食べられていた

ちょっと淋しい感じと、グロイ感じで複雑であった

 

  2008/09/18 日記 コメント(7) TB(0) 記事No(112) ▲TOP
疲れ
先日の釣りの疲れがまだ抜けないのは気のせいでしょうか?

腰が痛い

お父さんは腰が痛いのです

お父さんは腰が痛いから階段を下りる時におんぶを自然とするのはヤメレ





 


  2008/09/16 日記 コメント(6) TB(0) 記事No(111) ▲TOP
釣り紀行 お父さんの威厳
先日の土曜日に、久しぶりに海釣りへ行った

四日市の霞ヶ浦埠頭に行ってきた

我が家から一時間ほどで行ける、お手頃な距離である

東名阪自動車道四日市東インターで降り、一直線で行けるという簡単さも魅力だ

ボッスンは道の下調べや、釣り場の下調べ、さらには釣具屋さんの下調べも完璧にしてあった

つもりであった

若干なめていた

先ほども言ったようにインターからは一直線なので釣り場までは迷わず行ける

しかし釣具屋さんはちょっと離れた所しかないのだ

「確か霞ヶ浦埠頭の手前を左に曲がって行けば有ったはず」

ボッスンの記憶はそれぐらいが限度

ちゃんと下調べはしたんです

釣具屋さんの名前とか場所とかちゃんと下調べはしたんです

でも記憶力を見誤ってしまったんです ボッスンの ハッハッハッ

行けども行けども無い

そのうちにムスメとムスコが「トイレ」を連呼

鳥の雛がご飯を欲しがる時のように

「トイレ トイレ 出る トイレ トイレ 出る」

通りがかりのコンビニに寄り、しばしトイレ休憩

ボッスンはそこで驚くべき事実を突きつけられる

「ジャンプが売っている」

「合併号でもないのにジャンプが売っている」

我が生息地域では基本的に月曜日発売

そんな中土曜日に売っているこの地域の住民は最先端な感じで羨ましい

「釣具店が逆方向だった」っという事実もかすんで見えた

結局小一時間もフラフラと釣具店を探し回ってしまった

釣具店に無事着いた時には「もう帰ってもいいかな?」とちょっとした達成感も覚えたほどだ

そしてお昼過ぎに釣り場に到着



ちょっとした釣り掘りのような感じで整備されており、とても良い感じだ

近くにはトイレも完備されている

これで釣れれば文句の付けようもない

しかし現実は甘くない

意気揚々と糸を垂らすもエサ取りすらいない様子

しかも暑い

恐ろしく暑い

でも、やっぱり暑い

でもこの景色 雄大な海をぼんやり見ているだけでストレスが解消される感じだ

でも、暑い

子供たちは絶好調 暑さなんてものともしない

恐ろしい

あのテンションに飲み込まれると確実にアウトだろう

でも子供の喜ぶ姿を見ると癒される

でも、暑い

なんだこの暑さわ

暑さとハイテンションな子供との戦いの末、なんとかコッパグレをゲット

お父さんの威厳は何とか保たれた

・・・かに思われた

ムスメが 「パパ・・・重い・・・」 っと竿を立てているではないか

「それはアレだ 根掛りだな」

見る限り見事な根掛りっぷり

引いてみるとやはり根掛りである

「ブチッ」強引に引き寄せ、糸が切れる

あれ? なんか・・・ 引いてる?

リールを巻くに従い引きを感じる

「おお~!! 釣れてるじゃん!!」

見事なカサゴ

今日一の大物だ

どうやら釣れた魚が根の方に入り込んでオモリが引っかかったようだ

「凄いぞムスメ」

みんながムスメを褒め称えた

よくやった 流石は我がムスメ

お父さんも嬉しい瞬間だ

お父さんの獲物よりも二周りほど大きいが

お父さんの威厳が若干薄れたような気もするが




いいのだ

お父さんは2匹釣ってるから数では勝っているのだ

変なところで勝負をしているお父さん

こういうのはアリですか?

 

  2008/09/15 日記 コメント(4) TB(0) 記事No(110) ▲TOP
最近、夜寝てるとちょっと寒いくらいになりました

タオルケット1枚では肌寒い季節

いよいよ 「秋」 って感じがしてきましたね

紅葉の秋

食欲の秋

読書の秋

秋の夜長

中秋の名月

皆さんは「秋」というと何を連想する?

心地よい季節 ついつい眠たくなってしまう秋ですが

ボッスンには「秋」から連想する、というか「秋の風物詩」といっても過言ではないものがあります

それは・・・

ゲップ

ゲップといっても月賦ではなく

胃の中のガスが口から出てくるもの。気(あいき)。おくび。飽食する意、また物事に飽き飽きする意のたとえにも用いる。 yahho!辞書より

の、ゲップです

以前にも上司のゲップのストーリーを赤裸々に書きましたが

この季節は尋常じゃないのです

季節の変わり目はパワーアップするのです



この時期「ゲェ~」って鳴くのは カエルか 上司か というほどの鳴きよう

その鳴きっぷりはウシガエルも凌駕するほどなのです

しかし、まだ日中は暑い

エアコンは欠かせない季節

エアコンは上司の後ろにあり、その直線上にボッスンの席がある



臭う

スメルがバット

恐らく地球の環境破壊はこういうところから始まると思われます

まず、臭い その臭さはレベルE お父さんの脇よりも臭い

次にその臭いを嗅いだ人の体温 3℃は上昇します 温暖化に拍車

そしてイライラが膨らみ 戦争勃発 テポドンにより放射能汚染

恐ろしい

些細なことが大惨事

「季節の変わり目」 「秋」 は実は過ごし難い季節だったりします

 

  2008/09/12 日記 コメント(4) TB(0) 記事No(109) ▲TOP
占い
そういえば先日、ヨメが

「9月13日に大きな地震が来るらしいよ」って唐突に言いました

なんでもだれかの予言?占い?らしい

いつかの大きな地震も当てたという

マジでか!

ノストラダムスもびっくりではなかろうか

ナマズ以上の敏感肌ではなかろうか

だので13日は海釣りに行くことにしました

というか、海釣りに行く予定を前からしてました

どうしよう・・・

でも堤防で釣っていれば上から落ちてくる心配はないですね

でも津波が恐ろしい

津波ってどんな感じか体験したこと無いので分かりませんが

とにかく恐ろしいことは間違いなさそうです

皆さんは占いとか信じますか?

ボッスンは毎日欠かさず「めざましテレビ」の星座占いを観ているほどです

ですので「嫌なこと聞いたな」ちょっとブルーでした

そんな時・・・



メールが着ました



なの?

マジで?

前言撤回?

でも信心深いボッスンはちゃんとかって帰りました

南アルプス天然水 1箱(6本入)

箱買いをした辺りで信じん深さが尋常ではないことを表しています

しかも夜中の0時頃来るらしい

ちょっと待て

ちょっと確認しておこう

0時となると当然寝室で寝ていることになる

寝室には一つタンスがあるが足元にあるだけなので倒れても大丈夫だ

枕もとの本棚はちゃんと固定してある

財布と携帯は手の届くところに置いてある

完璧である

寝室から玄関までは一本道なので迷うことも無い

ひょっとしたら当分お風呂に入れないかもしれないので頭を二度洗っておこう

なんなら歯も二度洗いしよう

なんならパンツも二枚穿いておこう

いや 三枚にするか?

いや 機動力からみても二枚が妥当だろう

そんな妄想を繰り広げていると・・・

「さっき 揺れたよね?」

「え? ウソ?」

と、微妙に揺れたらしい

震度1

確かに来た

PM7:00過ぎだったが確かに来た

占いも侮れないことを思い知らされた

明日からめざましテレビの星座占いをもっとしっかり観ようと思った

 



  2008/09/11 日記 コメント(2) TB(0) 記事No(108) ▲TOP
存在感
自分の存在感はどのような時に感じるのか?

逆に存在感が感じられない、透明な空気のように感じられる時はどんな時か?

なんとなく考えてみる

? 給料日・・・ボッスンの存在感というかマネーの力の方が上か?

? 誕生日・・・全く無い ボッスンの誕生日は黙殺されつつある

? 父の日・・・母の日の100分の1以下の存在感だと思う

? 休日・・・どこかに連れて行って欲しい時だけ遺憾なく発揮

? 職場・・・あるようでないような… でもあるような… 微妙である

と、まぁ 影が薄いことを実感させられたわけであるが

世の中のお父さんやおっさんはこんなもんだろう

一部の人が脚光を浴びてチヤホヤされるのが世の常というものだ

しかしボッスンには【ブログ】という全世界の人がボッスンの存在を知ることができるアイテムがある

ビバ ブログ

ブログがあれば寂しいことはないのだ

全世界の人が見ようと思えば見れるのだ

友達100人どころではない

PCの先には人種を超えた友情がありふれている

そんなボッスンのブログの横(サイドバー)には友情を簡単に確かめることができるアイテム

そう、ブログランキングの順位表示が置いてある



ボッスンの存在は果てしなく薄い・・・

「投票してください」の文字がとっても痛々しい・・・

 


  2008/09/09 日記 コメント(6) TB(0) 記事No(107) ▲TOP
小さな幸せ
みなさんの小さな幸せってなんですか?

ボッスンの小さな幸せは「子供の笑顔」です

あらやだ いい子ぶっちゃってる

でもね、癒されるのです

特に何かを一緒にした時のあの笑顔がたまらん

その笑顔で三杯はご飯が食べれるほどです

ボッスンはそんな小さな幸せを求め、子供と三人で栗拾いに出かけました

なぜ栗拾いなのか?

それは子供たちのマイブームだからなのです

先日、ムスメが一粒の栗を拾ってきました

「パパコレ見て!」



「おおっ! 結構大きいじゃん これ茹でて食べるの好きなんだよねぇ」

「じゃあ また明日とってくる!」

「どこにあったの?」

「学校の直ぐ下」

「へぇ~ 蛇が出るかもしれんで気をつけるんだよ」

「うん!」

で、次の日

今度はムスコと二人で拾ってきたようだ

栗三個プラス

これだけではちょっと物足りないと思ったボッスンは

次の休みに栗拾い(山栗)に行こうって子供たちと約束をした

で、昨日の休みの日に約束は実行された

「前に知り合いから聞いた山に行ってみようね」

そこはボッスンが十数年前に営業をしていた頃に

「山歩き名人」 否 「仙人様」とあがめられるほどの達人がいて

その仙人に聞いた場所である

その時に仙人が採った栗を見せてもらったのだが、明らかに山栗とは程遠い大きさだったが

ボッスンのピュアな心は疑う余地も無かった

これは予断だが、オオジンコというスズメバチの親分を巣ごと採ってきて

その巨大な幼虫を素揚げにしたのをボリボリ食べる姿は・・・ かなり痛かった

虫以外の何者でもない容貌をした食べ物?を勧められたが

まさしく「うじ虫」 しかも「巨大」



これは流石に無理

この地方はゲテモノ好きで有名なのですが(料亭の食事にヘボの佃煮とか普通に出てきます)

ボッスンは都会っ子なので 気持ち的に

そんな素材を生かしきったものは無理です

天然素材で無農薬なんですが無理なものは無理

美味しそうにほおばる仙人を呆然と眺めておりました

話がそれましたが、その栗は手間隙かけた感がヒシヒシと伝わってくるほどの豪胆っぷり

今考えるとあの栗は拾ってきたというよりも盗ってきたという方が合っているような気がする

しかし仙人をなめてはいけない

あの巨大うじ虫を美味しそうにほおばる姿を見たら

「あの栗は仙人の秘境の地に生っていたんだ」と思わざるをえない

だのでそんな仙人に教えられた秘境に行ってみることにした

その地は我が家から近く、車で10分程の所である

おおよその見当は付く

その秘境らしき所に付いたのだが、数年前とは打って変わっていて

「記念館」らしき建物まで出来ている

どうやら数年前に行われた博覧会に便乗して作ったようだ

こうなるともう栗拾いどころではない

我ら三人はその記念館で貰った地図を見てテンションがかなりあがった

「あ~ キャンプ場が有る!」

もうこれは探検するしかない

地図で見る限りはさほど遠くは無い

そしてあちらこちらに散歩コースもあるようで歩いていけるようだ

「準備は良いか?」

「イエス 隊長」

「飲み物はちゃんとあるか?」

「イエス 隊長 隊長のかばんに入ってます」

「よしっ では進め!」

ボッスン探検隊はキャンプ場へ向かい足を進めた

と、思ったのも束の間、二番隊員(ムスメ)が首をかしげている

「どうした二番員」

「隊長 今どこにいるか分かりません」

そうだ、地図担当はムスメなのだ

というかムスメが地図を離さないのだ

「よしっ 隊長に見せてみろ」

「・・・」

「とりあえず逆のようだ、直ちに進路修正」

「イエス 隊長」

そこから歩いた

地図では10cm程で着くキャンプ場

歩くに歩いた

汗がジャブジャブ流れる

途中トカゲや池にいた金魚を見てテンションを上げる隊員たちをよそ目に

隊長はガス欠寸前

歩くに歩いたその時 目的地のキャンプ場に到着

しかしコレといって何も無いキャンプ場

ボッスン探検隊はテンションが急降下

「そろそろ帰ろうか」

自然と出た

探検というもの、行きはいいのだが帰りは辛い

行きは目的地到着という目標があるため少々長い道のりもさほど苦にはならない

(それでも死にそうだったわけだが・・・)

帰りはただ歩くのみ

しかも達成感が一塩ならまだしもテンションの下がった状況では過酷だ

しかし子供というものは恐ろしくエンジンが大きい

あの無尽蔵なるエネルギーはどこからくるのか?

子供のあのエネルギーを何らかの方法で電気に替えれたら

環境破壊なぞしなくても無限のエネルギーが手に入るのに・・・

更に巨大な松ぼっくりを見つけた隊員はテンションがヒートアップ

そんなテンションを全面的にぶつけられ青色吐息のボッスン

ボッスンの「小さな幸せ」だったはずの「子供の笑顔」

この時はちょっと薄れた感じだった

 

  2008/09/08 日記 コメント(2) TB(0) 記事No(106) ▲TOP
福毛
みなさんは「福毛」というものをご存知だろうか

それは体毛の一部で、腕とか足とかお腹とか、体のいたるところに生えてくる

とっても細く 色は白く ひときわ長い代物だ

ぱっと見は分からないので生えていても気付いていない人もいるであろう

ボッスンも数年前までその存在すら知らなかったのである

その存在を知ったのは、友人Kが教えてくれたからだが

そのKには見事な「福毛」が二の腕から生えておった

びよ~んて

それはそれは見事な「福毛」だった

ちょっと羨ましさも感じた

ボッスンも体中くまなく探したが見つかることは無かった

しかし「福毛」というだけで「幸福をもたらす毛」という連想をするのだが

実際にその毛が福をもたらすかは微妙で

何らかの拍子に抜けてしまったら福が無くなる=不幸になるという

とっても嫌な方程式が成り立ってしまう

これは既にありがたい物ではなく 足枷 というか 荷物 というか

ありがたい物とは程遠い存在のような気がしてしまう

しかし、ボッスンの腕に一本幼少期の福毛みたいな毛が生えてきている

色はまだ黒く若干太めなのだが、一際長いのだ

丁度血管上に生えているので養分がふんだんに行き渡り発育を促進させているのか?

とも思うのだが、それにしては長い

だので福毛に育つまで温かく見守ってやろうと思っている

福毛に幼少期があるかどうかは定かではないのだが・・・

そんな長い目で我が子(福毛=福ちゃん)を見守っている最中に事件勃発

発見!

完璧なる「福毛」

福毛 オブ ザ 福毛

福毛の大人var

このところ幸薄いボッスンに新たな光明が訪れたのだ

発見箇所は 「鼻」

鼻の左側

鼻の膨らんだところの左側

福毛_鼻

il||li _| ̄|○ il||li

↑なんか発見したのにこんな感じになってしまった

見た目は分からない

その細さといったらナノサイズほどだろう

色も幼少期とは違い真っ白 真っ白というか透明に近い

長さは1cm程だが、鼻から生えていると考えたら天体物の長さに匹敵する

明らかに「福毛」

でも鼻から生えている・・・

しかも痒い

ナノサイズの細さだが案外存在感を感じるので、ネコの毛が鼻にまとわり付いたように痒い

知らなかった時はさほどでもなかったが・・・

しかし「福毛が抜けると不幸になる」というジンクスが頭をちらつかせるので抜くに抜けない

とっても嫌な気分だ

もうこうなると「福毛」という名前では納得がいかない

生えていても嫌な感じで、それが抜けると不幸が待っている

全くありがたくない存在

ボッスンは思った

福毛は福をもたらすのではなく、不幸を吸収して育つ

素晴らしい 我ながら素晴らしい発想

だから抜けてもさして変わりはないはず

と自分を言い聞かせて福毛を抜いてやろうと福毛を探したが・・・

無い

いつの間にか抜けてしまったようだ

自分で抜いたのならまだ納得もいくのだが、いつの間にか抜けてしまっていると後味が悪い

これから更に不幸が訪れるのか・・・ そんな気さえしてくる

今、とってもブルーなボッスンです

 

  2008/09/06 日記 コメント(3) TB(0) 記事No(105) ▲TOP
太い物体
さらに続き

ボッスンは鍋が大好きです

鍋が大好きといっても もちろん中身です

寒い時期の鍋は格別なのですが、今の残暑な時期には美味さが半減してしまいます

ですが鍋が食べたい

鍋が食べたいといっても もちろん中身の方です

ボッスンは思った・・・

ガンガンに冷房で冷やせばいいじゃないって

やはり鍋を堪能するにはそれなりの気温が必要になるのです

鍋の美味しい気温は21度以下からがベストです

人間の体温 マイナス15度以下がもっとも美味しいと感じられます

そんな気がするだけです

だのでエアコンの温度を18度に設定 極限まで下げます

今日は具材は

・キノコ類 - えのき しいたけ 舞茸
・肉類 - 豚肉(しゃぶしゃぶ用) 鳥のミンチ(つみれ用)
・野菜類 - 水菜 豆もやし 三つ葉(入れるのを忘れちゃいました)
・魚類 - さわら
・その他 - 豆腐
・麺類 - 手打ちうどん

もうコレ なんの鍋か定かではありませんが、鍋なら許せるのです

さて、みなさんは鍋の味は何が好きですか?

味噌仕立て?

出汁仕立て?

水炊きでポン酢仕様?

ボッスンは出汁仕立てが一番好き

昆布と固形出汁で出汁をとり、白醤油で味付けをする

これがマイベスト鍋

白醤油がベストマッチ

白醤油・・・

白醤油・・・

ん?

白醤油?

・・・

忘れました キッパリ忘れとりました ハッハッハッ

鍋の用意も味付けの最終段階にさしかかったその時に白醤油が無いことに気付き

しばし鍋を呆然と見つめるボッスン

もうこうなったらめんつゆ

めんつ~ゆ~

最終的にはうどんで締めるのでめんつゆでもさして変わりはないだろう

そう自分を納得させてめんつゆ投入

なんか・・・ 微妙~

まずくは無いけど・・・ 微妙~

しかしその鍋がなぜか大人気

子供は狂ったように食べじゃくります

ハッハッハッ

味覚が違うのかね?

まぁいい

鍋の具もほとんどたいらげ いよいよメインイベント!

手打ちうどん

ムスメも目をキラッキラときらめかせております

「うどん行きま~す」をガンダムのアムロ口調で投入

わくわく

わくわくわく

わくわくわくわく

わくわくわくわくわ・・・く?

んん?

な・なんじゃこりゃ~!

手打ちうどんがきしめんになっても~たぁ~

あんなにうどんっぽかった麺が二倍ぐらい膨れちゃって・・・

うどんの域を超えちゃったかなぁ~って

家族で鍋の中の太い物体を呆然と眺めておりました

しかし味はいい

手打ちというだけで三割り増しで美味しく感じる

今度からはもっと細く切ろうと思った

そして白醤油は忘れないようにしようと思った

 

  2008/09/05 日記 コメント(5) TB(0) 記事No(104) ▲TOP
秋のパン祭り開催
昨日の続き

「冷蔵庫在庫処分祭り」を開催後、ムスメと「創作料理教室」が開かれました

ムスメ想いなボッスンは、ムスメの将来の夢が「ケーキ屋さん」ということで

8月の誕生日に「こねパン」っていうパン作り製造機をプレゼントしてやったんです

それをみたムスメは嬉々として踊りまくっておったしだいですが

そう、まるでサツキとメイが庭に植えた種を伸びろ~つって踊りまくる様だったんですが

そんな姿を見て頬の肉がタルンタルンにゆるんでたボッスンなのですが

よく考えるとムスメはまだ小学二年生

まだランドセルに背負われている感が抜けない年頃

一人でパンを作るなんて「子供が一人でパンを作る」ぐらい難しい

だってオーブンでアレしたり

アツアツのオーブンからアレを出したり

オーブンの設定をアレするんですよ?

無理

だって玉子が割れただけで浮かれポンチなムスメですよ

ってことは大人であるボッスンがマンツーマンで指導&用意&片付け&チョメチョメをしなくてはなりません

大誤算

「ムスメの手作りパンが食べ放題」

「秋のパン祭り」開催を楽しみにしていたボッスンだったのですが

「パン作り大会強制参加」となった訳です

しかしムスメの夢のためには仕方ない 一肌脱ぐしかない

黒子が多いボッスンですがためらわない

ムスメとラブラブで作業開始

強力粉 500g 用意 OK?

イエス パパ

ぬるま湯に砂糖とドライイーストを溶かす OK?

イエス パパ

マーガリン 用意 OK?

イエス パパ

って全部パパがやってるじゃん! OK?

イエス パパ! ファイト パパ!

イエス! 玉子を割ってくれ! OK?

イエス パパ

コンッ コンッ バキッ

・・・

O・・・ OK?

イエス パパ!

殻が入ってるけど・・・ OK?

イエス パパ?

OK OK 殻は取り出そうね

イエス 取ってください パパ

・・・

はいっ! ハンドルを回すっ! 時計回りに80回まわす!

イエス パパ

1・2・3・・・78・79・80

OK?

イエス パパ

次っ! ハンドルを反対側に80回まわす!

イエス パパ パパやって! 疲れちゃった!

イ・イエス

っつ~感じでですね、パンは無事作られました

思った以上に美味い

ムスメにこんな才能があるとは・・・ 半分以上ボッスンがやったけど・・・

でも焼きたてパンはハンパねぇ パンだけに

ムスメもかなりご満悦です

次は「うどん祭り」開催

これはね、パン作りのための強力粉を買いに行ったらその隣にうどん粉?があったの

ちょっと挑戦してみようかと、ボッスンの中の何かのスイッチが押されたわけ

そのうどん粉が入っている紙袋に手打ちうどんの作り方が載っています

うどん粉 500g OK?

イエス パパ

ぬるま湯に塩を溶かす OK?

イエス パパ

パパが粉をこねるからちょっとずつ入れてね OK?

イエス パパ

つってこねまくりまして

アレ? これ・・・硬すぎじゃね? って感じもしましたが初めてだから気にしない

冷蔵庫に寝かします

1時間ほど寝かした後こねます

か、硬い・・・ 想像以上に硬いんですけど・・・ こんなもん?

ってか硬すぎな感が否めません

手でこねれないので足で踏んでこねました

一応はうどんっぽい? 硬めだけどもうどんの感触?

またそれを伸ばすのに一苦労・・・ つ~か伸びないんだけど・・・

必死で伸ばし切りました

写真は忘れました

素晴らしい! トレビア~ン!

なんかうどん! どこから見てもうどん!

ムスメと二人で大盛り上がりです

後は・・・ また後日書きます

 

  2008/09/04 日記 コメント(4) TB(0) 記事No(103) ▲TOP
小さなコスモ
先日の休日 ムスメと夜ご飯を一緒に作ろうということになった時のことである

冷蔵庫の在庫をチェックしようとオープン・ザ・ドアー

そこには小さな宇宙(コスモ)があった

焼肉のタレ・めんつゆ・ドレッシング・うなぎのタレなどが無数に広がり

ラップで包まれた何時の時代のものか分からない未確認物体

なぜか手をつけては忘れ去られるシャケフレークにノリの佃煮

そんな物体Xが冷蔵庫の中の8割を占めている

「カチッ」 スイッチ ON

ボッスンの中の何かが入った

「冷蔵庫在庫一斉セール開催!」

在庫一斉セールというか「在庫処分祭り開催!」

捨てじゃくってやろうという衝動に駆られ、次々と冷蔵庫の中の物体Xを出し始めてしまった


焼肉のタレ・・・4瓶
 どれも中途半端に使われつつ購入時代は不明

ドレッシング・・・5瓶
 バラエティーにとんだ種類には目を見張るものがある 購入時代は不明

冷しゃぶのタレ・・・2瓶
 銘柄が違うのにはこだわりがあるのか? 購入時代は不明

キムチ(瓶入り)・・・2瓶
 ほとんど手付かず キムチも腐るということを知った 購入時代は平成かも

梅干・・・4パック
 これ以上干した梅は無いというくらい干し上がっている 購入時代は不明

ネクター・・・1缶 
 誰のイタズラか?なんでもいいからラップをしてとって置こうという発想はやめた方が良いみたいだ 既にジュースではなくなっていて振ってもなかなか出てこない プルルンゼリー状 購入時代は不明 くさい

得体の知れないタレ?・・・2瓶 
 これはタレなのかどうかも分からない 一つはミッキーマウスのプラスチックのコップに入れてある しかも蓋はラップ もう一つはちっこいコップに無造作に入れてある
ほとんど蒸発してしまって黒い物体が底にたたずんでいる 購入?時代は不明

ホタルイカの漬物・・・1瓶
 これは手をつけてはいけない代物だった ボッスンの手には到底及ばない臭いを放っている 購入時代はかろうじて21世紀

ノリの佃煮・・・4瓶
 新品が2瓶あるも賞味期限を軽く越えている なぜ新品があるのにまた買うのか? その心情は計りえない しかも食べかけも2瓶 我が家の食卓にノリの佃煮が出たのは・・・何年前だ?

ご飯・・・1杯
 恐らく食べきれないご飯を茶碗に入れラップをして取って置いたのだろう 後で食べる感は若干する しかしそのご飯はご飯にあらず 真っ白なウサギの毛をイメージさせる物になっている

おかずの食べ残し・・・2皿
 ラップは万能ではない 時間を止めることは出来ないのだよ しかし臭いは防げる ラップを取った瞬間記憶が飛ぶほどの臭いがした

ラーメンのタレ的な何か・・・数袋
 なぜタレだけ残っているのか? 何味でラーメンを食べたのか激しく気になる そして何のためにとってあるのかも謎だ

中華甘ミソ・・・3瓶
 なんとなく本格派を目指した志はよしとしよう しかし・・・臭い 本気で臭い

うなぎのタレ・・・2瓶
 我が家でうなぎが出たのは何時のことだろう? その他の魚の蒲焼も記憶にない なぜタレがあるのだろう? ボッスンがいない間に食べたのか? 購入時代は不明

にんにく・・・数個
 軽い 超軽量化のにんにく かっすかすである しかし見た感じは普通のにんにくだ 見た目に誤魔化されてはいけないという教訓も冷蔵庫のコスモは教えてくれる

シャケフレーク・・・6瓶
 恐ろしくシャケフレークが好きな我が家だ でも半分残っているものや全く手付かずのものが放置されているところを見ると好きなのか嫌いなのか良く分からない シャケフレークは古くなると固まって瓶からなかなか出てこないのが難点

マヨネーズ・・・3本
 どれも使いかけなのだが一体どのマヨネーズを使っているのだろう? 一本は明らかに危険な雰囲気を醸し出している

ケチャップ・・・3本
 一本を使い切ろうという概念は我が家には無いようだ 新しい物好きなミーハー家族だな せめて蓋だけはちゃんと閉めよう


以上 我が家の小さなコスモは綺麗さっぱり取り除かれた

もったいない心と、確認業務を怠ったことが合い重なってコスモを作り出した

あと 衝動買い

キムチを食べたことを思い出せないのだが、その時はきっと食べたかったんだろう

「今日はキムチ鍋にするか!」

と息巻いて買ってくるも

「子供は食べないな・・・コレ」

つって諦める そんな愛憎模様が手に取るように分かる

そんなコスモ

ある意味思い出がいっぱい詰まったコスモ

捨てじゃくったらビールと数本のタレやつゆが残ったのみというなんとも寂しいコスモ

次にコスモが出来るのは何時の日か・・・

 

  2008/09/03 日記 コメント(4) TB(0) 記事No(102) ▲TOP
お久しぶりなアレ
とてつもなくお久しぶりです

突然の休暇

しかも ロングロングバケーション

ベィケィション

流石はだらり~マン

だぁらぁるぃ~マ~ン

いえ、すいません

このロングバケーションにもちょっとした理由があるのです

総理大臣が替わるくらいのちょっとした理由があるのです

ちょっとした理由があるようでないのです

強いて言うならば

「人生という旅に疲れた」という感じでしょうか

なんか・・・ そういうことにしておいて下さい

そんな感じが ちょっと な気がしますからね うん

アレです

書くのがちょっと遠のくと、なんかアレな感じがして更にアレになってしまう みたいな

アレがアレしたらいつの間にか3ヶ月も経ってた みたいな

いやいや いやいやいや

「人生という旅に疲れた」という感じですよ?

そんなこんなでね 総理大臣も替わることだし

ボッスンもそろそろ書いちゃう? 書いちゃってみる? って筆を取りました

これからぼちぼち書いていこうと思いますので、また仲良くしてください

でわ
  2008/09/02 日記 コメント(5) TB(0) 記事No(101) ▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。