Design by bossne
Template up date [2008-10-21]
http://dararyman.blog82.fc2.com/
DARARYMAN
だめリーマンが仕事中に全く仕事には関係ないことを書いてます
総アクセス数⇒
PROFILE
TITLEDARARYMAN
H Nボッスン
性 別
血液型限りなくO型だそうです
性 格細かいようで大雑把
趣 味薄く平たく時には固く
好 きオッパイ・蟹
このブログについて
エディタコミュニティ
since 20080301
管理者ページ
登場人物
RANKING
押すと「アッハ~ン」となるシステムです。
FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
TREview
ENTRYS & COMMENTS
TRACKBACK
ARCHIVE
CATEGORIES
LINK
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

BLOG PARTS

あわせて読みたいブログパーツ edita.jp【エディタ】
QR Code
QRコード
BLOG SEACH
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  --/--/-- スポンサー広告 コメント(-) TB(-) 記事No() ▲TOP
小さな幸せ
みなさんの小さな幸せってなんですか?

ボッスンの小さな幸せは「子供の笑顔」です

あらやだ いい子ぶっちゃってる

でもね、癒されるのです

特に何かを一緒にした時のあの笑顔がたまらん

その笑顔で三杯はご飯が食べれるほどです

ボッスンはそんな小さな幸せを求め、子供と三人で栗拾いに出かけました

なぜ栗拾いなのか?

それは子供たちのマイブームだからなのです

先日、ムスメが一粒の栗を拾ってきました

「パパコレ見て!」



「おおっ! 結構大きいじゃん これ茹でて食べるの好きなんだよねぇ」

「じゃあ また明日とってくる!」

「どこにあったの?」

「学校の直ぐ下」

「へぇ~ 蛇が出るかもしれんで気をつけるんだよ」

「うん!」

で、次の日

今度はムスコと二人で拾ってきたようだ

栗三個プラス

これだけではちょっと物足りないと思ったボッスンは

次の休みに栗拾い(山栗)に行こうって子供たちと約束をした

で、昨日の休みの日に約束は実行された

「前に知り合いから聞いた山に行ってみようね」

そこはボッスンが十数年前に営業をしていた頃に

「山歩き名人」 否 「仙人様」とあがめられるほどの達人がいて

その仙人に聞いた場所である

その時に仙人が採った栗を見せてもらったのだが、明らかに山栗とは程遠い大きさだったが

ボッスンのピュアな心は疑う余地も無かった

これは予断だが、オオジンコというスズメバチの親分を巣ごと採ってきて

その巨大な幼虫を素揚げにしたのをボリボリ食べる姿は・・・ かなり痛かった

虫以外の何者でもない容貌をした食べ物?を勧められたが

まさしく「うじ虫」 しかも「巨大」



これは流石に無理

この地方はゲテモノ好きで有名なのですが(料亭の食事にヘボの佃煮とか普通に出てきます)

ボッスンは都会っ子なので 気持ち的に

そんな素材を生かしきったものは無理です

天然素材で無農薬なんですが無理なものは無理

美味しそうにほおばる仙人を呆然と眺めておりました

話がそれましたが、その栗は手間隙かけた感がヒシヒシと伝わってくるほどの豪胆っぷり

今考えるとあの栗は拾ってきたというよりも盗ってきたという方が合っているような気がする

しかし仙人をなめてはいけない

あの巨大うじ虫を美味しそうにほおばる姿を見たら

「あの栗は仙人の秘境の地に生っていたんだ」と思わざるをえない

だのでそんな仙人に教えられた秘境に行ってみることにした

その地は我が家から近く、車で10分程の所である

おおよその見当は付く

その秘境らしき所に付いたのだが、数年前とは打って変わっていて

「記念館」らしき建物まで出来ている

どうやら数年前に行われた博覧会に便乗して作ったようだ

こうなるともう栗拾いどころではない

我ら三人はその記念館で貰った地図を見てテンションがかなりあがった

「あ~ キャンプ場が有る!」

もうこれは探検するしかない

地図で見る限りはさほど遠くは無い

そしてあちらこちらに散歩コースもあるようで歩いていけるようだ

「準備は良いか?」

「イエス 隊長」

「飲み物はちゃんとあるか?」

「イエス 隊長 隊長のかばんに入ってます」

「よしっ では進め!」

ボッスン探検隊はキャンプ場へ向かい足を進めた

と、思ったのも束の間、二番隊員(ムスメ)が首をかしげている

「どうした二番員」

「隊長 今どこにいるか分かりません」

そうだ、地図担当はムスメなのだ

というかムスメが地図を離さないのだ

「よしっ 隊長に見せてみろ」

「・・・」

「とりあえず逆のようだ、直ちに進路修正」

「イエス 隊長」

そこから歩いた

地図では10cm程で着くキャンプ場

歩くに歩いた

汗がジャブジャブ流れる

途中トカゲや池にいた金魚を見てテンションを上げる隊員たちをよそ目に

隊長はガス欠寸前

歩くに歩いたその時 目的地のキャンプ場に到着

しかしコレといって何も無いキャンプ場

ボッスン探検隊はテンションが急降下

「そろそろ帰ろうか」

自然と出た

探検というもの、行きはいいのだが帰りは辛い

行きは目的地到着という目標があるため少々長い道のりもさほど苦にはならない

(それでも死にそうだったわけだが・・・)

帰りはただ歩くのみ

しかも達成感が一塩ならまだしもテンションの下がった状況では過酷だ

しかし子供というものは恐ろしくエンジンが大きい

あの無尽蔵なるエネルギーはどこからくるのか?

子供のあのエネルギーを何らかの方法で電気に替えれたら

環境破壊なぞしなくても無限のエネルギーが手に入るのに・・・

更に巨大な松ぼっくりを見つけた隊員はテンションがヒートアップ

そんなテンションを全面的にぶつけられ青色吐息のボッスン

ボッスンの「小さな幸せ」だったはずの「子供の笑顔」

この時はちょっと薄れた感じだった

 
スポンサーサイト

  2008/09/08 日記 コメント(2) TB(0) 記事No(106) ▲TOP
COMMENT
http://misuzu0727.blog.so-net.ne.jp/

|ω・)子供の笑顔か~いいね~
|ω・)子供いないからわかんないけど><
|ω・)で・・・栗は???
|ω・)まつぼっ くり に化けた?w

|ω・)幸せか~なんだろうな~
|ω・)ボッスンワールド読んでるときかな~w

【2008/09/08 13:56】 美鈴 #I9nPCzrA [編集]

お返事

美鈴さま
|ω・`) 子供の笑顔はええですよ
|ω・`) お楽しみということで
|ω・`) 松ぼっくり ・・・ くり ・・・ うまいな
|ω・`) 幸せは なんでもないようなことなのです ロード(THE 虎舞竜)参照

【2008/09/09 11:04】 ボッスン #tYvW6C8E [編集]

READERS COLUMN

コメント大歓迎です♪
初めてこられた方も気兼ねなくコメントして下さいね♪
ただし、中傷・荒らしはご遠慮ください。
その他アダルト関係の宣伝等管理者の意に反するものは、さっくり消される可能性大です。
予告なくさっくりいった場合はそう思ってください。














 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
トラックバックURL
→http://dararyman.blog82.fc2.com/tb.php/106-d4cb6076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。